ゴム | 2017年05月19日 12:10 JST

〔週間見通し〕東京ゴム、上昇基調続く可能性=商品アナリスト・小針氏

 小針秀夫・トーキョー・トレーダーズ・タイムズ商品アナリスト=来週の東京ゴムは、逆ざやが維持されている間は、上昇基調が続くとみている。先ぎりの予想レンジは、230~250円。  当ぎりと先ぎりの逆ざや幅は、約80円まで拡大している。2010年6月以来、約7年ぶりの大きさだ。25日に5月きりが納会を迎えるが、6月きりが当ぎりに回っても、逆ざやは続きそうだ。というのも、ゴム相場のパターンとして、6月が当ぎりの時期に、逆ざや幅が広がる傾向があるからだ。産地の4、5月のウインタリング(落葉期)時期に現物が不足し、船積み契約の数も減ることから、6月はまだ荷物が入って来ないことが多い。  現在、主産地タイの荷不足の要因として、生産者が売り渋っているなどの話を聞いている。このままの状況が続けば、船積み延期などの可能性が出てくる。ますます現物不足が騒がれ、当ぎり主導で相場は上昇しそうだ。220円台で推移している先ぎりも、短期間で240円くらいまで上げても、おかしくないとみている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.09 -0.13
NYMEX金先物 8月限 1286.4 +2.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 981.7 -1.7
NYMEXガソリン 8月限 1.5869 +0.0011
WTI ・・・ 47.02 +0
シカゴコーン ・・・ 350.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 930.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 128.45 +0
CRB商品指数 ポイント 175.3569 +0