ゴム | 2018年03月09日 14:58 JST

〔週間見通し〕東京ゴム、手掛かり材料難でレンジ商いか=コムテックス・安村氏

 コムテックス・安村武彦テクニカルアナリスト=東京ゴムは2月下旬からもみ合いが続いている。来週は、2日の安値187円60銭~5日の高値195円90銭を意識したレンジ商いとなりそうだ。  レンジ相場が続いている理由の一つは、ゴム独自の手掛かり材料難だろう。加えて、今シーズンのゴム相場の変動が、例年の季節変動パターンに当てはまっていないことも、取引が手控えられる原因となっている印象だ。  例年、減産期入り前の12月から2月ごろにかけて高値を出し、春に底値を付けるという動きを示すことが多い。しかし、今シーズンは年末年始にはっきりとした盛り上がりがなかった分、下げも限定的になっているようだ。  ただ、予想レンジを上下どちらかにブレークした場合、抜けた方向への動きが加速するとみている。下値は2月中旬に付けた180円近辺、上値は心理的節目の200円付近が、それぞれ次の目標となりそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.2 +0
NYMEX金先物 6月限 1253.9 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 796 +0
NYMEXガソリン 4月限 1.661 +0
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 900.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0