ゴム | 2018年06月01日 13:53 JST

〔週間見通し〕東京ゴム、軟調地合い継続=日産証券・菊川氏

 菊川弘之・日産証券主席アナリスト=来週の東京ゴム相場は、米国の保護主義政策などが弱材料となり、軟調地合いが続くとみている。11月先ぎりの予想レンジは180~195円で、コアは185~195円。  来週は、米国の対中貿易政策や自動車輸入関税引き上げなど、トランプ政権の保護主義政策に対する警戒感が一段と高まってくると考える。為替市場では、リスク回避の円買いが進む可能性があり、東京ゴムにとってマイナスになるだろう。  ただ、12日に予定される米朝首脳会談の行方を見極めたいムードも強いことから、一方的にゴムが値崩れする公算も小さいとみている。東京市場は、上値が重い中、じりじりと下げる展開になるだろう。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0