������ | 2018年08月17日 16:09 JST

〔東京ゴム〕期先が軟調=円高で終盤緩む(17日)

 期近はしっかり、期先が軟調。終値は、中心限月2019年1月先ぎりが前日比変わらずの168円、11、12月きりがともに20銭安だったのに対し、期近3限月が40銭~2円30銭高。日中立ち会いは、為替相場が円安・ドル高に振れる中、ポジション調整の買いが先行し、3営業日ぶりにおおむね小反発して寄り付いた。その後は材料難から寄り値近辺を推移したが、終盤に円相場の上昇を眺めた手じまい売りが広がり、期先がおおむねマイナス圏に沈んだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.93 -0.73
NYMEX金先物 12月限 1203.5 +0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +1
NYMEXガソリン 11月限 1.6367 -0.0129
WTI ・・・ 59.8 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 871.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 110.15 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0