������ | 2018年09月21日 14:03 JST

〔週間見通し〕東京ゴム、納会終え戻り局面へ=第一商品・小野氏

 小野孝・第一商品日本橋支店次長=当ぎり納会を終え、来週の東京ゴム相場はいったん売り圧力があく抜けすると予想される。売方の買い戻しが先行し、短期的にはしっかりした相場つきになるとみている。  納会が意識され、期近はこのところ売り圧力にさらされてきたが、継続足を見ると、チャート上は一度戻る局面に入ってきている。期近が145~148円あたりで下げ止まれば、先ぎりは165円付近で下げ渋ることになろう。  米中貿易摩擦を背景にした中国株と上海ゴム相場の動向がポイントになる。納会絡みの内部要因のあく抜けに加え、中国の市場がしっかりした地合いで推移すれば、東京市場も戻りに弾みがつく。  週明け25日に発会する2019年3月先ぎりは、170円台後半から180円付近まで上昇する可能性もある。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.76 +3
NYMEX金先物 6月限 1344.6 +36.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 805.8 +3.8
NYMEXガソリン 6月限 1.7355 +0.0608
WTI ・・・ 53.69 +0
シカゴコーン ・・・ 441 +3.5
シカゴ大豆 ・・・ 903.25 +8.5
シカゴコーヒー ・・・ 100.3 +4.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0