ゴム | 2018年10月12日 16:23 JST

〔週間見通し〕ゴム、TSR順調スタート=RSS波乱含み―マーケットエッジ小菅氏

 小菅努・マーケットエッジ代表取締役=9日から取引を開始したゴムTSRは、上場初日こそ物足りない内容だったが、取引参加者は徐々に多彩になっている。先ぎりに集中していた出来高は期近限月にも広がり、最低限の水準はクリアしたのではないか。ゴム相場のボラティリティーが大きくなり、しっかりしたマーケットであることが広く伝われば、市場規模はより拡大しよう。  ゴムRSSは、波乱含みか。米株急落から一時世界株安の様相となったが、上海株が下落すれば上海ゴム相場も追随することが多く、株式市場の動向や為替で円高につながるような要因には注意が必要だろう。米国と中国の貿易摩擦が激化する懸念もあり、短期的には地合いがやや悪化している。先ぎりの予想レンジは160~173円と、広めにしたい。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.96 +0.11
NYMEX金先物 2月限 1323.5 +3.2
NYMEXプラチナ先物 3月限 825 +17.8
NYMEXガソリン 2月限 1.6144 -0.0074
WTI ・・・ 56.98 +0
シカゴコーン ・・・ 375.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 911 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.95 +0.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0