ゴム | 2019年06月28日 14:21 JST

〔週間見通し〕ゴムRSS、期先中心に堅調=サンワード貿易・松永氏

 松永英嗣・サンワード貿易アナリスト=来週の東京ゴムRSSは期先中心に堅調を取り戻すとみている。  6月までの東京ゴム相場は、世界的な異常気象を引き起こすエルニーニョ現象の影響により、タイなど主要産地での天然ゴム価格が上昇。また、米国と中国の貿易摩擦激化懸念や、東南アジアの主要生産国で構成する国際天然ゴム協議会(ITRC)によるゴム輸出削減を受け、期近が上昇する一方、期先は軟調と対照的な動きとなっていた。  ただ、産地相場の価格上昇に一服する傾向が出てきたことや、RSSの期近と期先の価格差が40円超と近年まれな水準となったことから、期先に散見された投機的な売りは続かなくなっている。先ぎりは、12月きりが発会した24日に一時191円50銭まで下落したが、その後は自律反発する傾向だ。  天然ゴムの世界最大消費国である中国と米国の貿易協議の結果、円相場が一時的に上下に振れ、影響を被る可能性はある。しかし、交渉の長期化は商品相場も十分に織り込んでいる。来週以降、期近は当ぎりで5~10円値を下げ、期先は先ぎりを含む2限月が200円近くまで上昇し、価格差は縮小していくと考えている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.62 +0.26
NYMEX金先物 7月限 1409.2 -4.6
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.3 -6.1
NYMEXガソリン 7月限 1.8918 +0.0244
WTI ・・・ 57.41 +0
シカゴコーン ・・・ 435.25 +3
シカゴ大豆 ・・・ 887.75 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 104.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0