ゴム | 2019年07月05日 12:56 JST

〔週間見通し〕ゴムRSS、期近堅調・期先軟調で逆ざや拡大か=フジトミ・齋藤氏

 齋藤和彦・フジトミ情報サービス室チーフアナリスト=来週の東京ゴムRSSは期近が強地合いを維持する半面、期中・期先が軟調に推移し、逆ざや幅が拡大するとみている。中心限月12月先ぎりが心理的節目の180円を下回るのは時間の問題だろう。  期近の強基調は、日本の特殊要因が背景にあるようだ。10月から消費税率が引き上げられる予定で、タイヤメーカーは軽減税率の対象外となる冬用タイヤの駆け込み需要を見込んでいるとされる。北日本を中心に冬用タイヤは必需品で、実際に買い替えの動きが広がると、タイヤの原料となる天然ゴムの需要も大幅に増える。10月までにタイヤを製品化するには、東京ゴムの期近限月がタイムリミットで、7、8月きりが高値を維持している理由とみられる。  これに対し、9月きり以降の限月は地合いが弱まりそうだ。増産期入りしたこともあって、タイなどの生産地の現物価格は下落している。東京ゴムは海外市場に比べて価格水準が高く、期先限月を中心に現物を背景としたヘッジ売りが出やすい状況。産地の売り圧力が膨らみ、先ぎりは軟調に推移するとみられ、当ぎりと先ぎりの逆ざや幅が広がりそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.7 -0.32
NYMEX金先物 10月限 1482.7 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 900.3 -5.7
NYMEXガソリン 10月限 1.6388 -0.0006
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 397.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 936 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 93.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0