ゴム | 2019年07月12日 14:04 JST

〔週間見通し〕東京ゴムRSS、先ぎりは引き続き下値探りか=豊商事・大湖氏

 大湖一樹・豊商事チーフアナリスト=来週の東京ゴムの中心限月12月先ぎりは下値を探る動きが続きそうだ。継続足で、昨年11月21日に付けた安値151円ちょうどから、今年3月4日に付けた年初来高値209円50銭までの上昇分に対する61.8%押し水準の173円30銭が意識されるとみられる。  ここに来て、産地タイの現物価格が下落に転じたほか、上海ゴム相場も軟調に推移している。東京市場の期先限月は天然ゴムの増産期に該当するため、需給緩和観測が根強い。ただ、東京ゴムは相対力指数が30%を下回るなど売られ過ぎ感も台頭し始めており、自律反発する場面もあるだろう。その場合、(心理的節目の)180円まで戻る可能性があるが、上値は抑えられるとみている。  一方、期近限月は依然として堅調地合いを維持しそうだ。足元のタイの現物価格を円換算すると、約200円。東京当ぎりは30円上ざやで、割高感が否めない。消費税率引き上げ前の駆け込み需要を期待した冬タイヤ向けなど、買い要因として幾つかのうわさが出ているが、真偽は分からない。東京独自の内部要因も影響しており、25日の納会後は(当ぎり継続足は)落ち着きを取り戻すのではないか。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.78 -0.12
NYMEX金先物 10月限 1488.2 -0.5
NYMEXプラチナ先物 11月限 894 -0.3
NYMEXガソリン 10月限 1.623 -0.0064
WTI ・・・ 53.7 +0
シカゴコーン ・・・ 391 -1
シカゴ大豆 ・・・ 934 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 95.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0