ゴム | 2019年07月19日 13:46 JST

〔週間見通し〕ゴムRSS、期近と期先は別の動きか=マーケットエッジ・小菅氏

 小菅努・マーケットエッジ代表=来週の東京ゴムRSSは、期近と期先が別の動きとなりそうだ。期近が堅調に推移する半面、期先は戻り売り基調と予想する。  期近限月は強基調を維持している。国内倉庫が足りないなど東京市場独自の要因とされており、25日の納会まで大きな変動はないだろう。7月きりが限月落ちした後、8、9月きりの期近2限月も強張ったままの状態が続くとみられているが、入庫・在庫の推移には注意が必要だ。  中心限月12月先ぎりは今週、売られ過ぎ感から自律反発局面を迎えた。ただ、戻っても一目均衡表の基準線で心理的節目の190円が限界だろう。産地価格が下落傾向を示す中、上海ゴム市場も上昇していない。出荷量の増加に伴い、値下がりするというこの時期特有の動きで、東京ゴムも頭重い展開となりそうだ。修正高が終わると、175円程度まで下落する可能性がある。26日発会する新ポ2020年1月きりは下ざやで生まれると見込んでいる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.77 +1.16
NYMEX金先物 11月限 1471.8 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 881.1 +12
NYMEXガソリン 11月限 1.6158 +0.0226
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 375.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 106.6 -1.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0