ゴム | 2019年09月20日 12:00 JST

〔週間見通し〕東京ゴムRSS、買い材料見当たらず軟調に=フジトミ・齋藤氏

 齋藤和彦・フジトミ情報サービス室チーフアナリスト=来週の東京ゴムRSSは軟調に推移しそうだ。買い材料が見当たらない中、中心限月の先ぎりが心理的節目の160円を割り込むのは時間の問題だろう。25日に新ポ発会する2020年3月きりは、乗り換えの売りつなぎをきっかけに値崩れを起こす可能性も否定できない。継続足で昨年11月に付けた安値151円ちょうどが視野に入るとみられる。  天然ゴムの主要な需要先であるタイヤは、冬用の8月の販売量が(前年比)3割程度増えたようだ。9月はそれを上回っていると聞いており、10月からの消費税率引き上げを前にした駆け込み需要だったと受け止めている。気象庁が来週、3カ月予報と同時に発表する寒候期予報が厳冬予想だと、冬用タイヤの需要増が連想されるかもしれないが、駆け込み需要の反動減の方が大きいと見込まれる。国内の需要面からは、支援材料が期待できない。  一方、産地価格はここに来て下落傾向だ。通常の増産期の値動きで、下がるべくして下がっていると捉えている。また、中国は10月上旬に国慶節を迎える。例年、国慶節前後は天然ゴムの買い付けが期待されるが、中国国内の新車販売台数が低迷していることもあり、今年は「(休暇中の)国慶節前後も買いが手控えられる」とみている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.78 -0.1
NYMEX金先物 10月限 1488.2 +1.7
NYMEXプラチナ先物 11月限 894 -0.3
NYMEXガソリン 10月限 1.623 -0.0047
WTI ・・・ 53.7 +0
シカゴコーン ・・・ 391 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 934 +4.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0