砂糖・コーヒ | 2017年03月18日 05:51 JST

〔NY砂糖〕3日ぶり反落(17日)

 ニューヨーク市場の5月きりは3営業日ぶりに反落し、清算値は前日比0.08セント(0.4%)安の1ポンド=18.17セントとなった。一時は4.1%安の17.50セントと、期近物では2016年6月初旬以来の安値を付けた。  トレーダーらによると、相場が一連の下値支持線を割り込んだため、ストップロスの売りが誘われたが、この日は週末に伴う買いも入って一時の安値からは戻した。  ディーラーらは、主要生産国ブラジルの作柄状況が良好であることから、2017~18年度の世界の供給が余剰になりそうな感じが強まっていると指摘した。  中国商務省は、同国が数カ月にわたった砂糖輸入に関する調査をさらに延期すると発表し、砂糖輸入に報復関税を課すかどうかに関する決定を事実上先送りした。  シカゴのRJOフューチャーズの上級市場ストラテジスト、ピーター・モーセズ氏は「需給材料はあらゆる所に存在しているが、全く具体化していない。テクニカル要因から見て市場は売られ過ぎだ。このため、中国が調査を継続する中で、今後1カ月間は多くの課題に直面することになる」と述べた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.78 +0.03
NYMEX金先物 8月限 1276.9 +6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 974.5 +8.6
NYMEXガソリン 8月限 1.5638 +0.0019
WTI ・・・ 46.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 921.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 130.95 +0
CRB商品指数 ポイント 176.3051 +0