砂糖・コーヒ | 2017年11月21日 07:19 JST

〔NY砂糖〕3日ぶり反落(20日)

 ニューヨーク市場の3月きりは3営業日ぶりに反落し、清算値は前週末比0.39セント(2.5%)安の1ポンド=14.98セントとなった。これは週末17日に付けた5カ月半ぶりの高値15.46セントを下回った。  米商品先物取引員会(CFTC)が週末17日公表のデータによると、思惑筋が抱える砂糖先物およびオプションのネットのショートポジションは14日時点で急減し、5カ月ぶりの低水準を記録したという。  ロボバンクの上級商品アナリストのカルロス・メラ氏は「ショートカバーを要因とした上伸リスクがもはや消失したため、相場は下落した」と述べた。  マレックスは週報で、収穫にとって不利な天候と原油相場の上昇という2つの要因がファンド筋にロングポジションの積み上げを促す可能性があると指摘、「ただ、これが起こる確率は若干後退している。ブラジル中南部での天候回復に加え、原油相場の活況が過ぎた可能性があるとの兆候が出ているためだ」と付け加えた。  ディーラーらはまた、上値余地は限られていると指摘。17~18年度の世界的な砂糖余剰観測と、18~19年度も同様に余剰になる可能性が背景にあるという。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.81
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0177
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0