砂糖・コーヒ | 2018年02月28日 06:27 JST

〔NY砂糖〕大幅続落(27日)

 ニューヨーク市場の5月きりは大幅続落し、清算値は前日比0.56セント(4.2%)安の1ポンド=12.87セントとなった。一時は2番ぎりとしては8カ月ぶりの安値水準となる12.84セントまで下落した。  砂糖相場が2月の最安値となる13.20セント、1月の13.17セントを下回った時点でテクニカル要因による売りが台頭した。  2017~18年度は世界的に在庫余剰になるとの観測も相場の重しとなった。トレーダーらは、思惑筋が今月これまでにショートポジションを縮小してきた後を受け、新たなショートポジションの形成に動き始める可能性があると述べた。  3月きりの納会を翌28日に控えて一段安となった。3月きりの5月きりに対するプレミアムは前日の0.27セントから0.11セントに縮小した。  インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータによると、3月きりの未決済約定残高は26日時点では3万6379枚、この日は2万5388枚だった。  ディーラーによると、受け渡しは100万~110万トンとかなり大量になる見通し。欧州のアナリストによれば、ブラジルとグアテマラが主な原産地となる見通しだ。  サクデン・フィナンシャルのトーマス・クジャワ氏は「ブラジルで砂糖生産よりもエタノール生産に振り向けるキャンペーンが優先される可能性についての解釈をめぐる話題が業者筋の間で持ち切りだった。こうした状況の中、3月きりを売りに出すのは戦略的と見なされた」と述べた。  2017~18年度のインドの砂糖生産は記録的な2920万トンに増加すると見込まれている。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0