砂糖・コーヒ | 2018年04月27日 05:09 JST

〔NY砂糖〕5日ぶり反発(26日)

 ニューヨーク市場の7月きりは5営業日ぶりに反発し、清算値は前日比0.26セント(2.3%)高の1ポンド=11.38セントとなった。1日の上げ幅としては8週間ぶりの高水準。30日に納会を迎える5月きりの清算値は1%高の10.97セントだと、前日に付けた2年半ぶりの安値を上回った。  トレーダーらによると、相場は前日に大幅に下げ、テクニカル面からみて売られ過ぎの状態となったため、この日は上向きに修正されたという。  欧州のアナリストは「商業筋によるロングポジションが再び積み増しされた。ただ需給面でみると、生産および供給余剰があまり大規模であるため、何が状況を一変させる要因になり得るのか想像するのも難しい」と述べた。  中国の中糧集団(COFCO)の砂糖トレーディング部門の責任者であるマウリシオ・サクラメント氏によると、同社のブラジル部門は2018~19年度のエタノール生産を増やす公算が大きく、砂糖の売り約定をキャンセルする可能性さえあるという。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 72.24 +0.17
NYMEX金先物 5月限 1290.2 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 899.8 +8.8
NYMEXガソリン 5月限 2.2565 +0.0117
WTI ・・・ 72.21 +0
シカゴコーン ・・・ 402.75 +3
シカゴ大豆 ・・・ 1025.25 +6
シカゴコーヒー ・・・ 120.15 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0