������������������ | 2018年05月15日 05:25 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、続落=ロブスタ種も安い(14日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種7月きりは続落し、清算値は前週末比1.80セント(1.5%)安の1ポンド=117.60セントとなった。  前週末11日の引け後に公表された統計で、思惑筋が想定を上回る規模の買い戻しを入れていたことが判明し、これが相場を圧迫したという。思惑筋のアラビカ種先物およびオプションに対する弱気スタンスは年初来の最低となり、このところの相場を約3カ月ぶりの高値に押し上げたファンド筋のショートカバーが功を奏した可能性があることを示唆した。  あるディーラーは「ファンド筋の商いが力強く、ショートポジションの再構築が可能なことが分かった以上、業界筋の買いが堅調相場の維持に十分でないことは明らかだ」と指摘した。  相場はまた、ブラジルの通貨レアルが対ドルで2年ぶりの安値を付けたことにも圧迫された。  一方、ロンドン市場のロブスタ種7月きりは反落。清算値は前週末比16ドル(0.9%)安の1トン=1742ドルとなった。ブラジルの通貨レアル安も相場を圧迫したもよう。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +1.2
NYMEX金先物 12月限 1249.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 +3.6
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0308
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 -4.75
シカゴコーヒー ・・・ 101.5 +2.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0