������������������ | 2018年05月17日 04:52 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、4日ぶり反発=ロブスタ種も高い(16日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種7月きりは4営業日ぶりに反発し、清算値は前日比0.35セント(0.3%)高の1ポンド=117.30セントとなった。前日とほぼ同じレンジ内での取引となった。  トレーダーらによると、アラビカ種は対ドルでのブラジル通貨レアル安に圧迫された半面、前日に付けた3週間半ぶりの安値に再び下落したところでショートカバーやチャート絡みの買いが入った。  市場は主要生産国ブラジルの天気予報にも注目している。ブラジルでは低気温が予想されており、霜が下りる季節になっている。  ロンドン市場のロブスタ種7月きりも3日ぶりに反発。清算値は前日比9ドル(0.52%)高の1トン=1737ドルとなった。前日は約1カ月ぶりの安値を付けていた。  ブラジルの主要ロブスタ生産地エスピリトサント州では、かんがいシステムが改善され、農家筋は2015年と16年の壊滅的な干ばつの後を受けて農業を復活させるため、新穀を加えた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +1.82
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +7.1
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0351
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 110.7 +0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0