砂糖・コーヒ | 2018年06月27日 05:27 JST

〔NY砂糖〕反発(26日)

 ニューヨーク市場の10月きりは反発し、清算値は前日比0.13セント(1.06%)高の1ポンド=12.45セントとなった。一時は2.7%高の12.65セントまで上昇した。  相場は、ブラジル・サトウキビ産業協会(Unica)のデータ発表を受けて、上げ幅を拡大。同データによると、同国中南部のサトウキビ圧砕所は6月前半に14億4000万リットルの含水エタノールを生産したという。これは、2010年8月以来の高水準。ガソリンに対して価格の面で有利なエタノールは旺盛な需要が見られることから、増産が続いている。  トレーダーらは、エタノールはサトウキビを原料に生産されるため、砂糖生産向けのサトウキビ量が予想を下回っていると指摘した。  ある米トレーダーは「この状況からみて、引き続きさらに多くのサトウキビがエタノール生産向けに割り当てられるだろう」と述べた。  インターコンチネンタル取引所(ICE)によると、7月きりの納会を29日に控え、同限月の未決済約定残高は25日時点で6万2682枚と、8314枚減少した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.01
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +3.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +11
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 -0.0081
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 830 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.9 +1.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0