砂糖・コーヒ | 2018年07月07日 05:04 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、急反発=ロブスタ種も高い(6日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種9月きりは急反発し、清算値は前日比4.95セント(4.5%)高の1ポンド=114.10セントとなった。一時は106.90セントと、2番きりとしては2013年12月以来の安値を付けた。1日の上昇率としては17年6月以来の大きさ。トレーダーらによると、ブラジル通貨レアルがドルに対し強含んだことが一因だという。ただ、この日の清算値は前週末の水準を下回り、これで5週連続の下落となった。  インターコンチネンタル取引所(ICE)が公表したデータによると、相場の下落に伴って5日の未決済約定残高は急増し、約2万1000枚増の29万2681枚に拡大。新規ショートポジションの急増によるものとみられている。  RJOフューチャーズのピーター・モーゼス氏は電子メールで、「一部のショート筋による手じまいが相場の『回復』を支えた」と分析。その上で「世界的な貿易戦争をめぐる不透明感や全般的な通貨安など、大半のニュースは依然としてコーヒーにとって逆風だ」と指摘した。  相場は前日に付けていた技術的に売られ過ぎの水準を上回ったものの、ブラジルの農家が大量の作物を収穫しており、全体的には依然として弱気なムードがくすぶっている。  国際コーヒー機関(ICO)は、17~18年度の国際市場の不足予想を前月の25万4000袋(1袋=60キロ)から136万袋に上方修正した。  ロンドン市場のロブスタ種9月きりも反発し、清算値は前日比23ドル(1.4%)高の1トン=1662ドルとなった。一時は1610ドルと、2番きりとしては16年5月以来の安値を付けた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0
NYMEX金先物 4月限 1234.9 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 855.6 +0
NYMEXガソリン 3月限 1.7938 +0
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 364.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 892.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0