砂糖・コーヒ | 2018年08月10日 05:09 JST

〔NY砂糖〕3日ぶり反発(9日)

 ニューヨーク市場の10月きりは3日ぶりに反発し、清算値は前日比0.03セント(0.3%)高の1ポンド=10.84セントとなった。  ディーラーらは7月後半のブラジル中南米での生産量が前年同期比で23%減となったとのリポートに相場は支えられたと述べた。また、同地域でのエタノール生産量は25%増となり、一部の予想を上回った。プライス・フューチャーズ・グループのジャック・スコビル氏は、同国での乾燥天候が予想以上に影響を与えたのかもしれないと指摘した。  相場は8月2日に、3年ぶりの安値となる10.37セントを付けた後、これを上回る水準で推移している。しかし、重要な節目となる11セントを連日のように上回る局面はあるものの、この水準で清算値を確定することが出来ない。トレーダーらは、11セント超の水準になればチャート絡みの買いが誘われるだろうと述べている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.62 +0.05
NYMEX金先物 2月限 1284 -5.2
NYMEXプラチナ先物 2月限 793.2 +0.6
NYMEXガソリン 1月限 1.3857 +0.0014
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 378.75 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 915 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 104 +0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0