������������������ | 2018年08月17日 05:44 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、続落=ロブスタ種は反発(16日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種12月きりは続落し、清算値は前日比0.65セント(0.61%)安の1ポンド=105.35セントとなった。104.90セントの安値を付けた後、切り返した。同水準は2番ぎりとしては2013年11月以来の安値水準で、12月きりにとっての約定最安値。  ディーラーらによると、焙煎(ばいせん)業者筋が潤沢な在庫を抱えているため、引き続き市場の買い意欲は乏しい。  ハケット・フィナンシャル・アドバイザーズのショーン・ハケット氏は「天候が安定するまで、相場はブラジル通貨レアルに左右されるだろう。今のところ、レアルの値動きは大きくない」とした上で、投機筋が依然として大量の弱気ポジションを抱えていると指摘した。  レアルが値下がりすると、産地筋はドル建てで取引される砂糖やコーヒーを売りやすくなる。コンサル会社サフラス&メルカドは、ブラジルのコーヒー農家は早いペースで収穫作業を進めていると報告した。  一方、ロンドン市場のロブスタ種11月きりは反発。清算値は前日比4ドル(0.25%)高の1トン=1596ドルとなった。前日は一時2016年5月以来の安値を付けていた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.76 +0.24
NYMEX金先物 4月限 1272.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 886.8 +7.4
NYMEXガソリン 4月限 2.0418 +0.0282
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 879 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.7 +3.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0