������������������ | 2018年09月18日 05:29 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、3日続落=ロブスタ種も安い(17日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種12月きりは3営業日続落し、清算値は前週末比2.40セント(2.4%)安の1ポンド=97.30セントとなった。一時は2006年7月以来の安値である97.15セントまで下落した。  トレーダーらによると、ブラジル通貨レアルが対ドルで朝方下落したため、世界的に潤沢な供給を背景に既に進んでいた相場安にさらに拍車を掛けた。  ドル建てで取引されるコーヒーなどの商品取引では、レアル安に伴い現地通貨ベースでのリターンが改善するため、生産者筋による売りが一段と促されることになる。  あるディーラーは「生産者筋が売りを出していることが最近の一段安の要因とみている」と述べた。  ディーラーらによると、主要生産国ブラジルでの記録的な豊作見通しが引き続き相場を圧迫している。  テクニカル的にみて、2番きりは売られ過ぎの水準に近づいているものの、思惑筋は依然として大量に抱えたショートポジションのカバーに回ることにちゅうちょしているという。  一方、コーヒー生産者はネスレやスターバックスなどの主要顧客との緊急会合を要求。12年ぶりの低水準に陥っているコーヒー豆価格のてこ入れ策を模索している。  ロンドン市場のロブスタ種11月きりも3営業日続落。清算値は10ドル(0.7%)安の1トン=1479ドルとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.22
NYMEX金先物 1月限 1246.1 -0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -2.2
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0058
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0