������������������ | 2018年09月19日 05:33 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、4日続落=ロブスタ種は4日ぶり反発(18日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種12月きりは4営業日続落し、清算値は前日比1.45セント(1.5%)安の1ポンド=95.85セントとなった。一時は2005年12月以来の安値である95.10セントまで下落した。  相場は心理的な下値支持線がある100.00セントの水準を3営業日連続で下回った。  ディーラーらは、潤沢な供給が相場を圧迫したと述べた。主要生産国ブラジル政府は2018年の同国のコーヒー収穫見通しを記録的な水準の5990万袋(1袋=60キロ)に上方修正し、豊富な収量を指摘した。  ブラジル通貨レアルの下落が続いていることも引き続き注目された。ドル建てで取引されるコーヒーなどの商品では、レアル安は生産者筋による売りを促す。  相対力指数(RSI)が30を下回り、テクニカル的に見て売られ過ぎの水準となった。  一方、ロンドン市場のロブスタ種11月きりは4営業日ぶりに反発。清算値は前日比13ドル(0.9%)高の1トン=1492ドルとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.61 -0.09
NYMEX金先物 12月限 1246.8 +2.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 790.4 +4.9
NYMEXガソリン 12月限 1.4858 -0.0073
WTI ・・・ 52.71 +0
シカゴコーン ・・・ 374 +0
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0