砂糖・コーヒ | 2018年10月11日 06:49 JST

〔NY砂糖〕10日ぶり反落(10日)

 ニューヨーク市場の3月きりは10営業日(うち1日は横ばい)ぶりに反落し、清算値は前日比0.12セント(0.9%)安の1ポンド=12.85セントとなった。相場は一時当ぎりとしては3月初旬以来の高値となる13.14セントを付ける場面もあった。  ブラジル通貨レアルの下落が生産筋の売りを誘った。レアル安は現地通貨でのリターンを増大させる。  トレーダーらによると、週末に相対力指数(RSI)上で買われ過ぎの水準に達したことから、この日は調整的な売りが出た。これにより、ブラジル・サトウキビ産業協会(Unica)のデータで9月後半の同国中南部の砂糖生産量が128万6000トンと、前期の214万7000トンから大幅に減少したとの報を受けて上昇した上げ幅を一掃した。S&Pプラッツの見通しは136万4000トンだった。  圧搾筋が砂糖生産に振り向けた割合はサトウキビ全体の約33%で、これは記録的な低水準。残りはエタノール生産に振り向けられた。  インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータによると、未決済約定残高は7営業日連続で減少して74万8840枚と、昨年12月中旬以来の低水準となった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0
NYMEX金先物 4月限 1234.9 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 855.6 +0
NYMEXガソリン 3月限 1.7938 +0
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 364.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 892.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0