砂糖・コーヒ | 2018年11月06日 05:35 JST

〔NY砂糖〕反落(5日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは反落し、清算値は前週末比0.29セント(2.2%)安の1ポンド=13.15セントとなった。ディーラーらによると、相場はブラジルの通貨レアル安に圧迫されたという。  商品ブローカーのマレックス・スペクトロンは、2018~19年度の国際砂糖市場の需給バランスは105万トンの供給不足になると予想。さらに、19~20年度も相場下落や悪天候、エタノールに対する注目度の高まりなどを背景に供給不足になるとの見通しを示した。  ある米系のトレーダーは「この見通しが強気筋を十分に支援するとは思わない。17~18年度は1000万トン超の供給過多を記録しており、105万トン程度の不足では主要な材料にはならないかもしれない」との見方を示した。  調査会社グリーン・プールはメモの中で「インドの農家は作付面積を拡大しており、同国の生産量が劇的に減少する公算は小さい」と分析した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.28
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -1.4
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +2
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0104
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0