������������������ | 2018年11月08日 07:17 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、ロブスタ種ともに3日ぶり反発(7日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種中心限月12月きりは3営業日ぶりに反発し、清算値は前日比2.35セント(2.1%)高の1ポンド=115.60セントとなった。3月きりの清算値は1.80セント(1.5%)高の1ポンド=119.45セント。  ディーラーらによると、相場は思惑筋によるショートカバーに押し上げられたほか、ドルの下落とブラジル通貨レアルの堅調に支援された。レアルの上昇は生産者筋の売りを抑える。  インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータでは、6日時点の未決済約定残高は9008枚減の27万8081枚となった。これは7月初旬以来の低水準。  この日はインデックスロールの初日。12月きりの3月きりに対するスプレッドは大幅なレンジで推移し、最大4.20セントに達した。大きな値動きはこれで3営業日連続。  ある米国トレーダーは「スプレッドが活発になると思った」と指摘。そうでなければ「この上昇は実際すべて思惑筋のショートカバーによるものにすぎない」ということになると述べた。  ロンドン市場のロブスタ種も3営業日ぶりに反発。1月きりの清算値は前日比18ドル(1.1%)高の1トン=1687ドルとなった。相場は前日、1カ月ぶりの安値を付けた後、下げ幅を一部圧縮。ただ、ディーラーらによると、主要産地ベトナムでの収穫ペースが加速しているため、相場が一段高となるには苦戦を強いられる可能性があるという。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1244.4 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -1.1
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0068
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0