砂糖・コーヒ | 2018年12月04日 06:18 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、3日ぶり反発=ロブスタ種は続落(3日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種3月きりは3営業日ぶりに反発し、清算値は前週末比0.25セント(0.2%)高の1ポンド=107.80セントとなった。前週末に急落した下げ幅を一部取り戻した。  ディーラーらは、前週末の大量売りの後を受けて、ショートポジションに対する利益確定の買いが入ったと指摘した。  コメシムUSAのロドリゴ・コスタ氏は「コーヒー相場は前週末、若干下がり過ぎていた」と述べた上で、「幾らかの新たな手掛かり材料を得るまで、相場は現在の水準付近でレンジ取引になるとみている」と指摘した。  ディーラーらは、主要産地ブラジルの通貨レアルの上昇が相場の支援材料になったと述べた。米中の貿易戦争の「一時休戦」を受けて、地合いが改善したことも背景にあるという。  ただ、需給要因は依然相場を圧迫。ブラジル政府のデータによると、11月の同国のグリーンコーヒー輸出は389万袋と、過去最高水準となった。  ロンドン市場のロブスタ種は続落。3月きりの清算値は前週末比9ドル(0.6%)安の1トン=1590ドルとなった。1月きりの清算値は14ドル(0.9%)安の1566ドル。インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータによると、思惑筋が27日時点で、ネットのロングポジションに傾いたという。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0