砂糖・コーヒ | 2018年12月22日 09:48 JST

〔NY砂糖〕続落(21日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは続落し、清算値は前日比0.09セント(0.7%)安の1ポンド=12.34セントとなった。相場は一時12.23セントと、10月4日以来の安値を付けた。砂糖相場は週間で2.5%安となった。  ディーラーは、原油価格につれ安となったほか、主要生産地ブラジルの通貨レアルの下落に圧迫されたと述べた。  原油価格は、クリスマスを前に世界的な供給過剰懸念を背景に売りが台頭し、2017年第3四半期以来の安値を付けたほか、週間で10%超下落した。エネルギー価格の下落により、圧搾業者がエタノールから砂糖生産に乗り換える可能性があるため、エタノールの競争力が削がれる。  世界的な景気先行き懸念が強まる中で世界の株式相場が下落していることも、砂糖相場を圧迫した。  ブラジル通貨レアルが前日の上昇から一転して下落。レアル安だと、ドル建てで取引される砂糖やコーヒーのような商品では現地通貨建てでのリターン向上につながるため、生産者筋の売りが出やすくなる。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.73
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0256
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +4.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.7 +0.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0