砂糖・コーヒ | 2019年01月01日 05:40 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、3日ぶり反発=ロブスタ種は小反落(31日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種3月きりは3営業日ぶりに反発し、清算値は前週末比0.90セント(0.9%)高の1ポンド=101.85セントとなった。ブラジルの通貨レアル安に下押しされる場面もあった。  ハケット・フィナンシャルのショーン・ハケット氏は、天気予報のほか、季節的に12月は商いが薄く、1月に反発する傾向が強いことなどを背景に投資家が持ち高調整したため、相場は終盤になって上向いたと指摘。気象予報サービスのラディアント・ソリューションズによると、主要生産国ブラジルでは乾燥した状態が続いているが、来週は雨が降り、コーヒーの実の成長ストレスが取り除かれる見通し。  一方、ロンドン市場のロブスタ種3月きりは小反落し、清算値は前週末比3ドル(0.2%)安の1トン=1525ドルとなった。前年末比では11.2%安。  コーヒー主産地の潤沢な供給やレアル相場に圧迫され、ニューヨーク、ロンドン市場ともに2年連続でマイナスとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 +0.14
NYMEX金先物 7月限 1341.7 +0.8
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 +0.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 +0.0046
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +0
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0