砂糖・コーヒ | 2019年01月12日 07:05 JST

〔NY砂糖〕反発(11日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは反発し、清算値は前日比0.11セント(0.9%)高の1ポンド=12.78セントとなった。一時は12.91セントの高値を付けた。週間では7.1%高と、2018年10月初旬以来最大の上昇率を記録。9日には5週間ぶりの高値となる12.94セントを付けていた。  ディーラーらによると、この数日続く投機筋によるショートカバーが相場を支援。市場参加者らは引き続き、大規模な余剰分の輸出が遅れているインドの動向を注視している。同国は当初500万トンの輸出を目標としていたが、現時点ではこれを大幅に下回る250万~350万トンを輸出する見通し。  テレビ報道によると、インド政府は最低売却価格の引き上げを検討しているという。  マレックス・スペクトロンは、最低価格引き上げの可能性が製糖所による輸出のインセンティブを一層損なっていると指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.98 -1.03
NYMEX金先物 4月限 1307.3 +4.3
NYMEXプラチナ先物 4月限 861.1 -12.9
NYMEXガソリン 3月限 1.9203 +0.002
WTI ・・・ 59.93 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 910.5 -6.25
シカゴコーヒー ・・・ 94 -0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0