砂糖・コーヒ | 2019年01月29日 07:55 JST

〔NY砂糖〕反発(28日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは反発し、清算値は前週末比0.35セント(2.8%)高の1ポンド=12.79セントとなった。一時は12.93セントまで上昇し、前週末の半分以上の下落幅を取り戻した。25日は3週間ぶりの安値となる12.37セントを付けていた。  ある米国のトレーダーは「16日に13.27セントの高値を付けた後、前週末に12.37セントの安値を付けた。フィボナッチ・リトレースメントの62%は12.92セントの水準に相当する」と言及。その上で「(この日の)相場は12.93セントまで上昇し、その後失速した。このため、短期的には相場はまだ下落傾向にあると思う」と述べた。  ディーラーらによると、このところの買いの大半は需給材料が弱くなったことでシステムファンド筋が主導したものだったと指摘した。  マレックス・スペクトロンは週間リポートで「収穫はインドやタイに加え、欧州連合(EU)などほぼ全域で良好に進んでいる」と言及した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.2
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -10.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -4.4
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0042
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0