砂糖・コーヒ | 2019年02月07日 06:36 JST

〔NY砂糖〕反発(6日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは反発し、清算値は前日比0.08セント(0.6%)高の1ポンド=12.90セント。最近の取引レンジ内で推移した。  サクデン・フィナンシャルの上級トレーダー、ニック・ペニー氏は市場メモの中で、「相場はこれまでのところ12.50~13.00セントのレンジを突破できずにいる」と指摘。その上で「生産者筋による売りが依然、相場が12.90セント以上に上昇することを妨げており、13.08セントにあるケイ線上の2番天井では一段と大量の売りが出ることが予想される」と語った。  マレックス・スペクトロンは「相場はエタノール等価によって身動きが取れなくなっている」と述べ、ブラジルでは砂糖がエタノールと同等に取引されていることに言及した。  業界団体が前日発表したところによると、2018年のブラジルでの含水エタノール消費量は記録的な高水準に達した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.15
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 852.8 -2.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0