砂糖・コーヒ | 2019年02月12日 06:58 JST

〔NY砂糖〕3日続落(11日)

 ニューヨーク市場の中心限月3月きりは3営業日続落。清算値は前週末比0.04セント(0.3%)安の1ポンド=12.67セントとなった。  ディーラーらによると、相場は原油相場の下落やブラジルの通貨レアル安に圧迫された。ディーラーらが注目していたドバイの会合では、砂糖業界が直面する難しい課題が協議された。  クリスタル・ユニオンのチーフエグゼクティブはロイター通信に対し、欧州連合(EU)の砂糖業界は2017年度の生産割当枠の終了以来、価格の下落と格闘しなければならない状況にあると明らかにした。  ディーラーらは、ブラジルでどれほどのサトウキビが砂糖生産に振り分けられるか不透明であるため、相場はレンジ内での動きにとどまったと指摘した。  ただロイター通信の調査によると、2019~20年度が供給不足になるとみられるため、相場は年末までに若干反発する可能性があるという。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.2
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -10.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -4.4
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0042
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0