砂糖・コーヒ | 2019年02月21日 05:02 JST

〔NY砂糖〕3日続伸(20日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは3営業日続伸し、清算値は前日比0.15セント(1.1%)高の1ポンド=13.38セントとなった。一時は2018年11月5日以来約3カ月半ぶりの高値となる13.42セントを付けた。  ディーラーらによると、原油先物が年初来高値を付ける中、ファンド筋がショートカバーを入れ、砂糖相場の上昇を後押ししたという。原油価格が上昇すると、ブラジルの製糖所がサトウキビの加工商品として砂糖よりもエタノールを選好しやすくなる。  インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータによると、19日時点の未決済約定残高は87万1056枚と3営業日連続で減少し、約2カ月ぶりの低水準となった。  サクデン・フィナンシャルのニック・ペニー氏は市場メモで、相場のレンジは従来の12.50~13.00セントから、12.75~13.50セントに移ったとの見方を示した。  ディーラーらは、ブラジルの収穫遅延と、インドの2019~20年度の生産減少見通しも相場を下支えしたと指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.87 -0.16
NYMEX金先物 5月限 1285 -5
NYMEXプラチナ先物 6月限 832.6 -14.3
NYMEXガソリン 5月限 2.0618 -0.0189
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 379 +3.75
シカゴ大豆 ・・・ 839.75 -19
シカゴコーヒー ・・・ 88.05 -1.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0