砂糖・コーヒ | 2019年02月23日 06:35 JST

〔NY砂糖〕反発=週間では2.3%高(22日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは反発し、清算値は前日比0.10セント(0.8%)高の1ポンド=13.30セントとなった。早い段階では、一時約定最高値である13.37セントを付け、20日に更新した3カ月半ぶりの高値である13.42セントに迫った。週間では2.3%高。プラスでの越週は4週連続となった。  ディーラーらは、原油相場の上昇に伴うショートカバーが砂糖価格の押し上げに寄与したと述べた。  インターコンチネンタル取引所(ICE)によると、21日時点の未決済約定残高は減少し、85万8456枚と、約2カ月ぶりの低水準となった。  原油相場はこの日、約3カ月ぶりの高値を付けた。米中貿易協議が近く妥結に達し、「貿易戦争」が終息に向かうとの期待が広がっていることが背景。  原油価格の上昇は主要生産国ブラジルの圧砕所に対し、サトウキビを砂糖生産よりもエタノール生産に振り向けることを促す。  アグリリオンのジェームズ・リディアード上級副社長は市場メモの中で「砂糖先物に対する原油価格の影響は今のところ、無視しがたい」と指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 60.23 -0.01
NYMEX金先物 4月限 1301.7 +16.1
NYMEXプラチナ先物 4月限 859.6 +11
NYMEXガソリン 3月限 1.9166 -0.0019
WTI ・・・ 60.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.5 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 906 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 94.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0