砂糖・コーヒ | 2019年03月07日 06:03 JST

〔NY砂糖〕反落(6日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは反落し、清算値は前日比0.28セント(2.3%)安の1ポンド=12.16セントとなった。一時は12.15セントと、1月7日以来約2カ月ぶりの安値を付けた。  ディーラーらによると、主要生産国ブラジルの天候回復と、原油価格の下落が相場を圧迫。市場関係者は12.00セント付近の下値抵抗線に注目しているという。  あるディーラーは「誰もがブラジルの干天を当てにしていたが、今になって大量の雨が降った」と指摘。ただ、同筋は「12.00セント割れの水準では下落ペースが減速するとみている。現時点から0.40セント下がれば買いが入るだろう」とも予想した。  米エネルギー情報局(EIA)週報が原油在庫の大幅増加を示したことを受け、この日の米原油先物相場は下落。原油が値下がりすると、ブラジルの製糖所がバイオ燃料エタノールよりも砂糖の生産拡大に動く可能性がある。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 +0.02
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -1
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0