砂糖・コーヒ | 2019年03月20日 05:15 JST

〔NY砂糖〕反落(19日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは反落し、清算値は前日比0.06セント(0.5%)安の1ポンド=12.78セントとなった。前日の上伸からやや上値を削った。  サクデン・フィナンシャルのトム・クジャワ氏はメモで「相場は引き続き、横ばいもしくは上伸し、13セントを突破すれば勢いがつく可能性がある」と述べた。  相場は2019年に入ってからほとんどの間12~13セントの間を推移している。  堅調地合いが続くエネルギー市場が砂糖相場を支えた。原油価格が上昇すれば、ブラジルではサトウキビが砂糖生産よりもエタノール生産に一段と振り向けられる。北海ブレント相場はこの日、年初来高値を付けた。  ラボバンクは市場メモで「ブラジルでは間作の間はエタノール需要が非常に高い。特に同国の経済が回復するようであれば、来年は砂糖相場を支える可能性がある」と指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.5
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +5.1
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +5.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.046
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0