砂糖・コーヒ | 2019年04月04日 06:46 JST

〔NY砂糖〕続落(3日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは続落し、清算値は前日比0.24セント(1.9%)安の1ポンド=12.42セントとなった。  あるディーラーによると、ファンド筋がショートポジションを積み上げることを渋っている一方で、エネルギー価格の上昇が下値を支えており、相場は引き続きレンジ内の動きにとどまった。エネルギー価格が上昇すると、ブラジルの圧搾業者は砂糖生産からエタノール生産に一段と振り分ける可能性がある。  ただ、この日は原油価格が年初来高値水準から下落したことで、砂糖相場は圧迫された。  コンサルタント会社アーチャーは、ブラジル中南部の圧搾業者はニューヨーク先物約定を通じ、1月末までに2019~20年度の粗糖1190万トンをヘッジ取引したと指摘した。同地域の圧搾業者は19~20年度のサトウキビ収穫の36%を砂糖生産に振り向けると予想されている。過去最低水準と推定される前年度の35%とほぼ一致する見込み。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.11
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +9.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +0.7
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0102
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 909 +5.75
シカゴコーヒー ・・・ 102 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0