砂糖・コーヒ | 2019年04月05日 05:20 JST

〔NY砂糖〕3日ぶり反発(4日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは3日ぶりに反発し、清算値は前日比0.29セント(2.3%)高の1ポンド=12.71セントとなった。一時は2週間ぶりの高値となる12.80セントまで上昇した。  ディーラーらによると、ブラジル通貨レアルの堅調が支援材料となり、相場は押し上げられたという。原油価格の上昇は、ブラジルのサトウキビ圧砕所に砂糖生産よりもエタノール生産を促す可能性がある。  相場は依然として最近のレンジ内にとどまっており、ディーラーらは3月18日に付けた高値12.87セントに上値抵抗線があるとみている。  さらにディーラーらは、タイのサトウキビ圧砕所が値決め待ちの砂糖を大量に抱えているとのうわさが相場の上値を抑えていると指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.41
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +5.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0429
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0