砂糖・コーヒ | 2019年04月10日 05:36 JST

〔NY砂糖〕反発(9日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは反発し、清算値は前週末比0.21セント(1.7%)高の1ポンド=12.78セントとなった。  相場は、最近安定的に推移しているレンジ内にとどまった。生産者筋が12.80セントを上回る水準で売りを出し、相場の上値は引き続き抑えられた。  ただ、相場はアジア太平洋地域での干天につながるエルニーニョ現象の可能性に幾分下支えされている。  ラボバンクは市場メモの中で「エルニーニョ現象の影響拡大が東南アジア地域での収穫の減少をもたらす恐れがある。タイでは実際にやや乾燥した天候が続いており、2019~20年度の収穫が潜在的な見込みに届かない可能性が大きい」と指摘した。  インドで唯一の民間気象予報会社は前週、今年は同国のモンスーン期の影響による雨量が例年の水準を下回るとの見通しを示した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.49
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0469
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0