砂糖・コーヒ | 2019年04月11日 04:53 JST

〔NY砂糖〕小幅続伸(10日)

 ニューヨーク市場の中心限月5月きりは小幅続伸し、清算値は前日比0.03セント(0.2%)高の1ポンド=12.81セントとなった。  この日は、原油価格が上昇したほか、ガソリン価格も約1年半ぶりの大規模な米在庫取り崩しを示す統計の発表を受けて急伸した。  パラゴン・グローバル・マーケッツのマイケル・マクドゥーガル氏は、特にブラジル産エタノールの値上がりが砂糖相場を支えたと分析。エタノール価格が上昇すると、同国内のサトウキビ圧搾所は砂糖よりエタノールの生産を一段と増やす可能性がある。  同氏はまた、中国の一部産地の干天も輸入につながる可能性があるとして注目している。  コンサルタント会社のアグリリオンは市場メモで「(主にタイを中心とした)生産者筋の値決めが依然として目につき、これが12.80セントおよびこれを上回る水準への押し上げを引き続き阻んでいる」と指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.5
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +5.1
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +5.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.046
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0