砂糖・コーヒ | 2019年05月23日 07:24 JST

〔NY砂糖〕3日ぶり反落(22日)

 ニューヨーク市場の中心限月7月きりは3営業日ぶりに反落し、清算値は前日比0.19セント(1.6%)安の1ポンド=11.62セントとなった。同限月は一時1週間ぶりの高値となる11.95セントを付けた。前日は清算値ベースではプラスだったが、一時は7カ月半ぶりの安値である11.36セントまで下落していた。  ディーラーらによると、相場は潤沢な供給や世界的に積み上がった大規模な在庫などに引き続き圧迫されているという。  このほか、原油相場の下落も砂糖価格にとっては弱材料。予想外の米国内在庫の積み増しを受けて、原油先物相場は2%超下落した。米中「貿易戦争」の長期化をめぐる懸念も背景にあった。  原油相場の下落は、ブラジルのサトウキビ圧砕所にエタノール生産よりも砂糖生産を促す可能性がある。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.21 +0.13
NYMEX金先物 8月限 1500.4 -2.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 856.8 -0.8
NYMEXガソリン 8月限 1.6644 +0.0016
WTI ・・・ 56.19 +0
シカゴコーン ・・・ 365 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 854 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.3 +0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0