砂糖・コーヒ | 2019年06月05日 05:44 JST

〔NY砂糖〕3日続伸(4日)

 ニューヨーク市場の中心限月7月きりは3営業日続伸し、清算値は前日比0.23セント(1.9%)高の1ポンド=12.42セントとなった。同限月は朝方、4月26日以来の高値となる12.45セントを付けた。  ディーラーらは、ブラジル通貨レアルの上昇が相場の支援要因となったと述べた。対ドルでのレアル高は、ドル建てで取引されるコーヒーや砂糖などの商品の生産者筋による売りを抑制する可能性がある。  ディーラーらは、ショートカバーも相場を押し上げたと指摘。米政府が先週末に公表したデータでは、インターコンチネンタル取引所(ICE)の28日時点の思惑筋によるネットショートポジションが大量に積み上がっていることが示された。  またディーラーらによると、主要生産国インドでの干天が相場を下支えした。インドでは例年夏季に水不足に見舞われるが、特に今年は厳しい状況だという。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.28
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +3.1
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0049
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +4.25
シカゴ大豆 ・・・ 909 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 103 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0