砂糖・コーヒ | 2019年06月06日 05:52 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、大幅反落=ロブスタも7日ぶりマイナス(5日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種7月きりは大幅反落。清算値は前日比6.55セント(6.2%)安の1ポンド=99.10セントと、1週間ぶりの安値を付けた。  ディーラーらによると、相場はこのところの上昇の後を受けて調整局面に入った。相対力指数(RSI)上のテクカル面からみると、同限月は過去1週間買われ過ぎの水準にあった。  ディーラーらは、テクニカル的にみて103~101.50セント付近にあったストップロスの水準を下回ったため、売りが加速したと指摘した。  前日の相場はファンド筋によるショートカバーや主要生産国ブラジルの天候懸念などを背景に4カ月ぶりの高値となる106.15セントを付けていた。  ハイ・リッジ・フューチャーズの上級市場ストラテジスト、ボイド・クルエル氏は「前日106セントを突破した後に追随買いが入らなかった。このため、きょうは売り地合いとなった」と指摘。その上で「相場が100セントを下回ったため、この後も若干売りが見られるかもしれない」と述べた。  インターコンチネンタル取引所(ICE)のデータによると、4日時点の未決済約定残高は5営業日連続で減少し、3カ月ぶりの低水準となる31万9356枚となった。  ディーラーらはまた、ブラジルでの寒気に伴う作物に対する懸念が和らいだことも弱材料となったと指摘した。  ホンジュラスの5月の輸出量は前年同月比で41%増加した。  ロンドン市場のロブスタ種7月きりも7営業日ぶりに反落。清算値は前日比71ドル(4.8%)安の1トン=1413ドルと大幅下落した。アラビカ種の下落に圧迫され、1日の下げ幅としては昨年9月以来の大きさとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0