砂糖・コーヒ | 2019年06月28日 04:52 JST

〔NY砂糖〕反発(27日)

 ニューヨーク市場の中心限月10月きりは反発し、清算値は前日比0.46セント(3.7%)高の1ポンド=12.78セントとなった。  7月きりの清算値は0.50セント(4.2%)高の12.53セント。7月きりは一時6月19日以来の高値となる12.57セントを付けた。これは当ぎりの1日の上げ幅としては4カ月ぶりの大きさ。  ディーラー筋によると、大量の受け渡しがあるとの懸念が和らいだことなどが、相場の押し上げ要因となり、前日に付けた3週間ぶり安値から回復した。  市場は今週予定されている7月きりの納会に注目。記録的な大規模受け渡しが見込まれており、これは潤沢な供給と鈍い需要を示唆するもので、相場の重しになり得るという。  ただ、未決済約定残高は減少。受け渡しは当初予想よりも小さくなると予想されているが、それでもかなりの規模となりそうだ。  7月きりの9月きりに対するディスカウント幅は、マイナス0.21セントまで縮小したものの、マイナス0.25セントで落ち着いた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.15
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +4.6
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1688
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0