砂糖・コーヒ | 2019年08月16日 04:54 JST

〔NY砂糖〕小反発(15日)

 ニューヨーク市場の中心限月10月きりは小反発し、清算値は前日比0.02セント(0.2%)高の1ポンド=11.63セントとなった。砂糖主要生産国ブラジルの通貨レアルの上昇で生産者の売りが抑制されるとの思惑が背景。  ブラジル・レアルは15日、前日に2カ月半ぶりの対ドル安値を付けた後で、堅調に推移した。レアルの上昇は、生産者によるドル建てで取引される砂糖やコーヒーなどの商品の売りを抑制する要因となる。  ディーラーらは、相場はこのところ、低調なマクロ経済と短期的な供給過剰に圧迫されていると指摘。ただ、2019~20年度の供給不足予想が相場の下げ幅を抑えているという。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.36
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +3.7
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1804
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0