砂糖・コーヒ | 2019年08月21日 05:22 JST

〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、3日ぶり反発=ロブスタ種も高い(20日)

 ニューヨーク市場のアラビカ種12月きりは3営業日ぶりに反発し、清算値は前日比0.45セント(0.5%)高の1ポンド=95.25セントとなった。一時は93.40セントまで下落した。これは2番ぎりとしては3カ月ぶりの安値。  市場はブラジルの昨年の記録的な収穫をなかなか吸収できていない。また、2年周期の裏作の年であるにもかかわらず、今年も同国でかなりの収穫が見込まれていることが相場の重しとなっている。  マレックス・スペクトロンは市場メモの中で「2019~20年度のブラジルでの収穫減が相場に影響を与え始めるかもしれないが、今後数カ月は起こらない可能性がある」と指摘した。  ロンドン市場のロブスタ種11月きりも3日ぶりに反発。清算値は前日比5ドル(0.4%)高の1トン=1324ドルとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.32
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +5.1
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1759
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0